年賀状・紙袋を依頼する業者を厳選しよう!

年賀状・紙袋を依頼する業者を厳選しよう!

自社工場を有しているか

年賀状や紙袋をはじめ、印刷物に対応してくれる印刷業者には、自社で印刷工場を持っている印刷会社と、下請け業者に発注だけする仲介の役割をもった印刷会社の2種類あります。前者は企画~デザイン、生産まで一貫して行ってくれるので、コスト削減ができるという傾向にあります。印刷物の発注数にもよりますが、なるべく自社工場を有している印刷会社を選びたいところです。

納期を守れることが大前提

どのような印刷物を制作するにしても、納期が守れるかどうかは印刷会社選びでも、非常に重要なポイントです。納期が守れる印刷会社なら信頼できますし、何より顧客側としてもスケジュール通りに進めることができます。逆に、納期を守れない印刷会社なら、イベントに間に合わないという最悪の事態も考えられます。納品まで安心した気持ちでいるためにも、納期を守ってくれる印刷会社を選ぶべきでしょう。

デザインの希望を反映してくれるか

オリジナルの紙袋や年賀状を作るのですから、個人・法人のどちらにおいても、デザインの希望は少なからずあるはずです。印刷会社を選ぶ際には、デザインの希望を反映してくれるかどうかもチェックしましょう。また、具体的なデザインを確認したいという場合には、印刷会社のホームページから実例写真なども見ておくといいです。実例から参照にした方がいいデザインが作れるかもしれません。

印刷業者に依頼するときの流れ

見積もり・受注

紙袋、年賀状を依頼するときには、印刷業者にまず見積もりをお願いします。見積りを確認して頂き、ご納得できる内容でしたら、お客様の要望をヒアリングした上でサンプルを作ります。

サンプル提出

受注後、お客様が指定した場所にサンプルが届けられます。サンプルを見て、デザインや配置、素材などを確認して頂きます。サンプルで改善してほしい点等がございましたら、お気軽に印刷業者へご相談ください。

正式発注・納品

サンプルで満足できる仕上がりになれば、いよいよ正式発注になります。依頼したい数を改めて伝え、印刷物を生産してもらいます。生産が終われば、完成品が自宅に納品され、お支払いを済ませて頂ければ契約終了です。