しわに効く美容液で潤い肌を実感|しわが気にならない肌作り

顔の手入れ

クリームでバストを大きく

胸

配合成分や効果

バストアップというと、豊胸手術やサプリメントでおこなう人が多いですが、昨今ではクリームでおこなう人も増えてきています。豊胸手術の場合は、ある程度のダウンタイムが生じますし、サプリメントの場合は、飲むことで成分が全身に分散されます。ところがクリームの場合は、ダウンタイムは一切生じませんし、バストにのみ的確に使用することができます。そのため、手軽にバストアップができるということで、注目されています。配合されている成分は、主にプエラリアミリフィカのエキスです。これをバストに塗ると、乳腺が発達しやすくなるのです。また、脂肪細胞の分裂を促すボルフィリンが配合されていることも多いです。乳腺が発達し、脂肪が増えれば、その分バストは大きく膨らむのです。

皮膚のハリも大事

バストは、乳腺の発達具合や脂肪の量だけでなく、皮膚のハリによっても大きさが異なってきます。たとえ乳腺が発達していても、脂肪が多くついていても、皮膚にハリがなければ、バストは垂れ下がってしまいます。その状態では、豊かに膨らんでいるようには見えません。そのためバストアップのためには、皮膚のハリをアップさせるケアも必要となります。具体的には、弾性線維のエラスチンやコラーゲンなどが配合されている基礎化粧品も、あわせて使用するのです。そうすることで、バストアップ効果が出やすくなりますし、さらにその効果が持続しやすくなります。また、過度に刺激を与えると皮膚のハリは失われやすくなるので、入浴時や着替えの時などに強くこすらないよう気をつけることも大事です。